風俗は高級よりも大衆

いつかはという気持ちが叶った

いつかはソープで遊びたいって思っていたんですけど、なかなか予算と時間のバランスが合わなかったのと、風俗って他にもいろんなものがあるじゃないですか。しかも運が良いのか悪いのか、会社の近くに風俗店があるんです。ピンサロなんですけど、ふとそこで遊んじゃうことは多かったんですよね。それもあってなかなかソープのお金を貯めることが出来ないでいたんですけど、株で大当たりしたんですよ(笑)だからそのお金ですソープに行ってきました。念願かなってのものだったのでかなりドキドキしたのを今でも覚えていますし、ソープのお店そのものもとっても綺麗だったんです。だから最初から雰囲気にのまれてしまいましたね(笑)でも、雰囲気にのまれて緊張してしまったのもある意味では幸せと言うか、確実に普段は味わうことが出来ない非日常的なものじゃないですか。あの気持ちを味わうことが出来ただけでも、自分に大きなプラスになったんじゃないのかなって思いますよ。

腰使いが凄すぎて…

風俗嬢の実力は、腰使いに出ると思うんですよ。腰使いに関しては、風俗嬢としても体力も必要になってくるだけじゃなく、それなりに動きのセンスも必要になってくるじゃないですか。後は相手ですよね。男を気持ち良くさせるための腰使いが求められると思うんですよ。それだけに、腰使いの素晴らしい風俗嬢を見つけた時の感動はかなりのものですが、前回のJちゃんの腰使いもまた、相当なレベルだったなって思いますね。あれだけの腰使いは、風俗云々抜きに、サンバとかじゃなきゃ見られないレベルなんじゃないですかね(笑)激しさもありましたけど、決してただは約腰を振っているだけじゃないんです。こちらを気持ち良くさせるための腰使いなので、やみくもじゃなく、あれだけの速度がありつつも正確だったんですよ。その腰使いを体感して確信したんです。彼女は相当なテクニシャンだなって。もしかしたら、もっともっと凄い動きを見れたんじゃないかなとも思いましたね。